ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

NOSAIのリスクマネジメント支援 地域に合わせて鳥獣害防止(5面・NOSAI)【2017年5月2週号】

170517-05.jpg

 中山間地域を中心に農家の頭を悩ませるのが、野生鳥獣による農作物被害だ。農業共済制度では、台風などの自然災害だけでなく、鳥獣害による水稲などの減収や園芸施設の破損、果樹の枝折れなど幅広く損失を補償する。同時に全国のNOSAI団体では、被害発生を未然に防ぐリスクマネジメント(RM)支援も重要な活動として位置付ける。箱わなの貸し出しや侵入防止柵の設置費用の助成、職員が狩猟免許を取得して箱わなを管理するなどの取り組みだ。地域の要望に応じた支援を通じ、農家の生産意欲維持と損害防止への意識向上につなげている。

(5面・NOSAI)

〈写真:集落に専門家を派遣して研修会を開催する(NOSAI福井)〉