ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

台風19号災禍の復旧支援に着手 稲わら撤去経費を助成(1面)【2019年10月4週号】

191030_1.jpg

 農林水産省は25日、台風19号による農林水産関係被害について、台風15号を含む大雨と同様の支援対策を適用すると発表した。早期の営農再開に向け、圃場に堆積した稲わらの撤去など、地域共同による農業者の自力施工も支援する。保管中に被災した米などの対策は、総理指示(10月20日)を踏まえた対策パッケージの中で講じる方針だ。各県のNOSAI団体も、迅速な共済金の支払いに向けて被害調査を進めている。

(1面)

〈写真上:浸水時に流れ込んだ農業資材や流木などが残る水田(福島県鏡石町、10月24日撮影)〉
〈写真下:流木の撤去作業が進む鮎川(あゆかわ)(群馬県藤岡市、10月24日撮影)〉