ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

去勢牛でも水準クリア 「つやま和牛」拡大へ手応え【岡山県 11月4週号】

191127_4.jpg

 【岡山支局】「自分たちでブランド和牛をつくりたい」「子牛の市場価格に左右される経営を少しでも安定させたい」という津山市の農家と関係者の思いから、行政と複数の畜産農家、流通業者らが一体となり、「つやま和牛」ブランド化への取り組みが進んでいる。井原(いはら)亨(とおる)さん(40)、みかさん(39)夫妻は2014年からこの取り組みに参画し、日々の努力の結果、つやま和牛を16年に初めて出荷することができた。

〈写真:「つやま和牛を多くの人に食べてもらいたい」と井原さん夫妻〉