ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

国産飼料の安定供給 稲WCSの地域内流通体制を確立 ―― 東部コントラクター(鳥取市)(1面)【2019年11月4週号】

191127_1.jpg

 稲発酵粗飼料(WCS)の収穫を中心に、約300ヘクタールの作業を受託する鳥取市の作業請負組織「東部コントラクター」(木下智代表)では、県東部地域における耕畜連携を通じた飼料の生産・供給体制の中核を担っている。新たに輸入トウモロコシの代替として、もみ米サイレージ(SGS)の生産・販売にも乗り出し、効率的な栽培・作業体系の構築による水田の活用と地域の畜産振興に貢献している。

(1面)

〈写真:SGSの品質を確かめる遠藤憲明専務〉