ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

今週のヘッドライン: 2015年01月 4週号

収入保険制度の事業化調査 15年産対象に模擬的制度運営(1面)【2015年1月4週号】

 農林水産省は20日、自民党の農業基本政策検討プロジェクトチーム(PT)会合で、昨年11月から開始した収入保険制度の事業化調査(フィージビリティスタディ)の実施概要を説明した。全国の1000経営体(個人750、法人250)の協力を得て、2015年産を対象とする加入申請から保険金算定まで、金銭の授受を伴わない模擬的な制度運営を実施している。調査結果を踏まえて詳細な制度設計につなげるほか、他制度との関係整理など課題の検証・検討を進め、17年の通常国会への関連法案提出を目指している。

(1面)
150128_01.jpg
〈図:事業化調査に当たって想定している収入保険の補てんイメージ〉

農協・農業委員会のあり方議論本格化 極端な改革案に反発(2面・総合)【2015年1月4週号】

 農業改革の推進に向けた農協や農業委員会、農業生産法人のあり方をめぐる政府・与党の議論が本格化している。政府は、農協法に基づく中央会監査の義務付け廃止や准組合員の事業利用制限、農業委員の公選制廃止などを実施したい意向だが、自民党農協改革等法案検討プロジェクトチーム(PT)では、異論や慎重論が噴出し、早期の意見集約は難航必至の情勢だ。単位農協の経営自由度を高めれば、農業所得の向上につながるとする政府側に対し、自民党農林関係議員やJA全中など団体は、経営の健全性が保てなくなり、地域に悪影響が及ぶと反発する。政府は、関連法案を3月にも国会に提出したい方針だが、対応を誤れば、地域の営農と暮らしに大きな打撃を与えかねず、生産現場の意向・実態を十分に踏まえた改革の具体化が求められる。

(2面・総合)

こんにゃくメーンに地場野菜の料理提供 ―― 岡山県高梁市・有限会社かっこう花グループ(3面・暮らし)【2015年1月4週号】

150128_02.jpg 「おいしいと言われる瞬間が一番うれしい。たくさんの人との出会いがストレス解消にもなる」と渡辺吉子さん(71)。岡山県高梁市川上町高山でこんにゃく料理などを提供する「郷土料理かっこう」を経営する有限会社「かっこう花グループ」の代表を務める。農家女性など6人で構成し、メンバーの内田八重さん(66)が生産・加工する川上町特産のこんにゃくは、周年で生イモから作っていて「刺し身などがおいしい」と人気だ。メンバーの年齢が高くなる中でも、可能な範囲で無理せず経営を続けていく考えだ。

(3面・暮らし)

〈写真:「家庭的な料理の提供を心がけています。かっこう定食は完売する日も少なくありません」と渡辺さん〉

果樹の樹体共済/制度改正案 補償対象の損傷基準緩和へ(5面・NOSAI)【2015年1月4週号】

 農林水産省は14日、果樹の樹体共済の補償を拡充する制度改正案を示し、意見公募(パブリックコメント)を開始した。現行で「主枝に係るもので、樹冠容積の3分の2以上の部分にわたる程度のもの」としている補償対象の損傷基準を、2分の1以上に緩和する。2月12日まで受け付ける意見を踏まえて正式決定し、4月1日以降の加入からの適用を予定する。またこの改正と併せて同時期に、樹体の共済価額や共済金額(契約補償額)の算定に用いる換算係数の見直しを検討している。補償の充実を図る方針だ。

(5面・NOSAI)

生物農薬/価格、支援体制、適用病害虫など 普及促進へ課題探る ―― 日本植物防疫協会のシンポジウムから(10面・資材)【2015年1月4週号】

150128_03.jpg 天敵昆虫や微生物を利用する生物農薬は、環境への負荷を軽減する環境保全型農業への導入、化学農薬による薬剤抵抗性発生の抑制など効果が期待されている。しかし、コストが高く、防除できる病害虫が限定されるなどの理由から化学農薬を含めた総出荷額の0.63%と普及が進んでいない。日本植物防疫協会が16日に東京都内で開いたシンポジウム「生物農薬―この20年の歩みと今後の展望」から、現状や課題、普及対策などを紹介する。

(10面・資材)

〈図:生物農薬出荷金額の推移(日本植物防疫協会提供)〉

口蹄疫、PEDの侵入に警戒を 衛生管理を再確認(11面・営農技術)【2015年1月4週号】

150128_04.jpg 口蹄疫は、韓国で再発・拡大し、近隣諸国でも継続して発生している。国内では、昨年末から高病原性鳥インフルエンザも4県5農場で確認され、侵入に最大限の警戒が必要となっている。豚流行性下痢(PED)の発生は続いており、昨年9月以降、20都県、76農場で確認された。農林水産省は、アジア地域での人や物の移動が盛んになる春節(2月19日)を控えて海外からの病気の侵入を防ぐ水際検疫を強化するほか、畜産農家には病原体の侵入を防ぐ飼養衛生管理基準の徹底を呼び掛けている。口蹄疫やPEDなどの侵入に備え、あらためて確認しておくべき飼養衛生管理基準の要点を紹介する。

(11面・営農技術)

〈図:衛生管理区域設定イのメージ〉

広報紙に中古農機具を紹介 「譲りたい」「買いたい」農家を橋渡し ―― 長崎県・NOSAI県南(5面・NOSAI)【2015年1月4週号】

150128_05+06.jpg 「新品を買えば150万円くらいする。手頃な価格で買えてよかった」と、長崎県島原市出の川町で春ハクサイ1.2ヘクタール、ニンジン50アールなどを生産する松本勝英さん(56)は笑顔を見せる。収穫した野菜を運ぶ乗用運搬機を、NOSAI県南(長崎県南農業共済組合、永野良宏組合長)広報紙の中古農機具紹介コーナーを通じて購入した。年5回発行する広報紙「けんなん」では、農家が「譲りたい」農機具の情報を掲載し、「買いたい」農家と結びつける。交渉は農家同士の責任となるが、2012年7月号から掲載を始めて、今までに約50件がまとまっている。


 松本さんが購入した乗用運搬機は、雲仙市吾妻町布江名の西野良二さん(53)が14年6月号に最低価格40万円で出品した。ミニトマト30アール、タマネギ60アール、カボチャ40アールなどを栽培する西野さんは、ミニトマトの栽培に力を入れるため、タマネギ用に購入して10年ほど使った運搬機が不要になった。近隣の農家でほしい人を探したが見つからず、広報紙への掲載を申し込んだ。

(5面・NOSAI)

〈写真上:「探していた運搬機が買えてよかった」と松本さん〉
〈写真下:「農機具は使わないと傷む一方。使ってもらえてよかった」と西野さん〉
» ヘッドラインバックナンバー 月別一覧へ戻る