ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

今週のヘッドライン: 2015年05月 2週号

TPP交渉/日米首脳会談で進捗を強調 早期妥結の可能性も(1面)【2015年5月2週号】

 安倍晋三首相は4月28日、オバマ米大統領と会談し、日米が主導して環太平洋連携協定(TPP)交渉の迅速・成功裏な妥結に取り組むことを再確認した。TPP交渉に伴う日米2国間協議は「大きな進展があったことを歓迎する」と進捗(しんちょく)を強調。日米協議の進展は、TPP交渉妥結への大きな推進力になるとの認識で一致した。
 会談後に発出された日米共同声明では、「(日米は)TPPの二大経済大国として過去の貿易協定の中で最も高い水準の協定をまとめる」と意欲を表明。TPPは雇用創出と賃金上昇に寄与し地域の平和と安定に寄与するとし、TPPを通じて日米両国とアジア太平洋地域の経済成長と繁栄をけん引すると強調した。

(1面)

転作・作業受託担当し農地維持 定年組は地域の担い手 ―― 岡山県津山市・農事組合法人アグリ堀坂(1面)【2015年5月2週号】

150506_01.jpg 「まちづくりの一環として、農地維持に取り組んでいる。それが地域の活性化につながれば」と岡山県津山市堀坂の農事組合法人アグリ堀坂の安達正美代表(66)は話す。組合員87戸の農地46ヘクタールを集積し、3ブロックに分けて団地化。そのうち1区画で転作に取り組み小麦や加工用米、飼料用米などを栽培する。組合員は兼業農家がほとんどで水稲作は各戸で実施。主に定年後の60代で構成する作業従事者12人で転作に取り組む。後継者不足を抱える中、地域の組合員で農地維持に貢献する。湛水(たんすい)直播やグラウンドカバープランツの導入などで省力化し、無理のない営農を継続する環境づくりに努めている。

(1面)

〈写真:イベントについて話し合う安達代表(左)、西川理事(奥)、内田晶二理事(66)〉
» ヘッドラインバックナンバー 月別一覧へ戻る