ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

今週のヘッドライン: 2015年07月 1週号

牛や馬に蹴られる、踏まれる、挟まれる 乳牛による人の事故が増加(1面)【2015年7月1週号】

150701_01.jpg

 酪農家が乳牛に蹴られたり、足を踏まれたりする事故の報告数が増加している。北海道農作業安全運動推進本部によると道内の牛が原因となった死傷事故は、2013年度は716件で04年度の570件から25.6%増加している。農研機構・生研センターで農作業安全に関わる評価試験部の志藤博克室長は「事故で長期間、飼養管理から離れると経営に大きな影響を与える。特に夫婦2人など家族経営では継続できなくなる」と強調する。事故を未然に防ぐためには、牛へのストレス低減で突発的な行動を減らすことや、牛のさまざまな行動を予測しながら作業することが重要だ。現状や対策を有識者などに聞いた。

(1面)

〈図:牛による事故発生状況の推移〉

TPP/7月に閣僚会合開催へ 合意ありき認めぬ(2面・総合)【2015年7月1週号】

 環太平洋連携協定(TPP)交渉が一気に合意に向かう恐れが出てきた。米上院は6月24日、大統領に通商交渉権限を一任する「大統領貿易促進権限(TPA)法案」を可決した。下院は通過済みで、オバマ大統領の署名により成立する。米政府と本格交渉できる環境が整うことから、交渉参加12カ国は7月中の閣僚会合を調整する。甘利明TPP担当相は、夏以降に大統領選が本格化する米国の事情などを踏まえ、7月中の妥結を目指して交渉に臨む方針だ。ただ、これまで日米2国間協議で米や牛・豚肉の譲歩が報じられるなど生産現場では重要品目の譲歩への懸念・不安が増幅する一方だ。影響を受ける生産者や国民に必要な情報開示がないままで、重要品目などの聖域確保を求めた国会決議をないがしろにすることは、絶対に認められない。

(2面・総合)

天気の急変 どう身を守る? 局地的大雨や雷、竜巻への対処法 ―― 気象庁予報部予報課天気相談所・松本積所長に聞く(3面・暮らし)【2015年7月1週号】

150701_02.jpg

 これからの季節、農作業など屋外で過ごす時間が多くなりがち。近年、突然の局地的大雨や雷の発生が各地で相次いでいる。大気の状態が不安定になると竜巻などの発生も心配となる。天気の急変に対する注意点などを気象庁予報部予報課天気相談所の松本積(つもる)所長に聞いた。

(3面・暮らし)

〈写真:気象庁予報部予報課天気相談所 松本積所長〉

生産組合・部会の役職兼務 地域守る重責担う ―― 沖縄県・NOSAI沖縄(5面・NOSAI)【2015年7月1週号】

150701_03+04.jpg

 沖縄県は例年、台風などの被害が多い。NOSAI沖縄(沖縄県農業共済組合、比嘉俊昭組合長)では、共済部長(NOSAI部長)がNOSAI制度の理解の醸成や加入推進に果たす役割は大きい。共済部長は、生産組合やJAの部会で役職を持つなど地域営農に深く関わる場合が多い。普段からの呼び掛けのほか、勉強会など生産者が集まる機会に制度の説明を行っている。


 「農家の立場から、共済に入れば確実にプラスになると伝えている」と宜野座村宜野座の照屋勝弘さん(70)=サトウキビ1.3ヘクタール。共済部長と総代を務める。
 照屋さんは、宜野座村さとうきび生産組合の組合長でもある。本年度は生産組合に新たに4人が加わり208人となった。

必要不可欠なNOSAI
 台風は、サトウキビだけでなく水稲にも大きな被害をもたらす。特に水稲の二期作は収穫時期に台風の接近が重なりやすい。「被害の予想がつかない中で、共済はなくてはならないものだ」と名護市屋部の比嘉克也さん(53)=水稲70アール・ハウストマト25アールなど。共済部長と総代を務める。

(5面・NOSAI)

〈写真上:「パンフレットを使い、無事戻しなどの説明もしている」と照屋さん〉
〈写真下:比嘉さんは「今年は今のところ平年並みだ」と部会の水田を観察する〉

モモ/樹上完熟モモと加工品 高糖度果を厳選して直販 ―― 福島県須賀川市・阿部農縁(9面・流通)【2015年7月1週号】

150701_05.jpg

 福島県須賀川市和田の阿部農縁〈あべのうえん〉(寺山佐智子代表)では、25アールでモモを栽培し、規格外を除いた全量を直販する。樹上完熟させたモモと、生産者の顔が見える販売方法が人気を集め、県外への贈答用として引き合いが強い。50%以上を占める規格外品は「桃のコンポート」(シロップ煮)に加工し、市内のスーパーマーケットや県内外の催事で販売するなど無駄なく使う。阿部農縁の近況を伝える「紡ぎ新聞」を毎月発行するほか、お茶会やヨガ教室などを開いて消費者との縁を深め、販売の継続につなげている。2014年は加工品と合わせて約1千万円売り上げた。

(9面・流通)

〈写真:摘果作業をする佐智子さん(左)と正子さん。95%を落とし、残り5%に味を凝縮させる〉

ナシのジョイント仕立て/再育苗して大苗確保 定植本数が3分の1に ―― 福岡県久留米市・中村裕さん(11面・営農技術)【2015年7月1週号】

150701_06.jpg

 ナシ2ヘクタールのうち1.2ヘクタールでジョイント仕立てを導入する福岡県久留米市藤山町の中村裕さん(53)は、2メートル強の苗木を購入して曲げた状態で1年間再育苗し、全長5メートル程度の大苗を独自に確保している。苗木を地表から60度程度に傾けて定植し、直管パイプに誘引する。根を乾燥させないよう根元に稲わらや麦わらを敷く。株間が3.5~4メートルと広くなるため、定植本数が同仕立ての慣行と比べ約3分の1に減り、接ぎ木箇所も少なくて済む。ジョイント仕立ては7年前から導入し、剪定(せんてい)時間が改植前の3本仕立てと比べて約6割になるなど、省力化を実現している。

(11面・営農技術)

〈写真:定植4年目のジョイント仕立ての園地で新梢(しんしょう)管理する中村さん〉

気象庁が3カ月予報/今夏は曇り、雨の日多く 農作物の管理に注意を(2面・総合)【2015年7月1週号】

 気象庁は6月24日、7~9月の3カ月予報を発表した。低気圧や前線の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多くなる見通し。農作物の管理には注意が必要だ。
 平均気温は、北・東・西日本でほぼ平年並みの見込み。降水量は、東・西日本で平年並みか多くなる。なお、同庁は、夏場に発生すると日本は低温や多雨、寡照となる傾向がみられるエルニーニョ現象が「強まりつつある」としている。

(2面・総合)

水稲除草剤散布に自作無線ボート【埼玉支局・2015年7月1週号】

150701_07.jpg

 【埼玉支局】「水田ボートで検索すると、インターネットの動画投稿サイトで自作の無線操縦ボートで除草剤を散布する様子が分かるから検索してみて」と話す、さいたま市岩槻区表慈恩寺の大島権男(のりお)さん(80)。3ヘクタールで「ミルキークイーン」や「コシヒカリ」などを栽培し、作業の省力化による米作りに取り組んでいる。
 インターネットで無線操縦ボートを使って除草剤を散布する様子を見て、遊びと実益を兼ねたボート散布に興味を持った大島さん。市販品では導入コストがかかるため、自作することにしたという。
 基となるボートは当初、発泡スチロールで作ろうと思ったが、サイズがちょうど良く、加工する必要もない市販のボディーボードを使用した。エンジンは、プロペラと一体型の模型飛行機のエンジンを使おうと思ったが、燃料が特殊でコストがかかるため、市販の草刈り機の4サイクルエンジンを利用。「煙が出ないため環境に優しく、燃料がレギュラーガソリンでコストも安い」と大島さんは話す。

〈写真:無線操縦ボートで除草剤を散布する大島さん〉

» ヘッドラインバックナンバー 月別一覧へ戻る