ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

今週のヘッドライン: 2015年10月 4週号

飼料用米利用/地域一丸で酪農家支援 耕畜納得の体制で拡大 ―― 新潟県魚沼市・魚沼市自給飼料生産組合(1面)【2015年10月4週号】

151028_01.jpg

 日本有数の米産地である新潟県魚沼市で、飼料用米の生産・利用が拡大している。魚沼市自給飼料生産組合の酪農家4戸(経産牛130頭)は、搾乳牛に1日1頭当たり7キロの飼料用米をTMR(混合飼料)で給与。2014年産米は340トンを利用し、飼料費を約1千万円削減できた。玄米の保管と消化性を高めるための破砕・運搬作業はJA北魚沼に委託する。実践前には、県畜産研究センターが酪農家ごとにコスト低減額を提示し、技術指導した。飼料用米給与に対する酪農家の負担や不安を、地域一丸で解消した成果が出ている。

(1面)

〈写真:飼料用米を23%含むTMRを手に桜井さん〉

重要品目は3割撤廃 TPP関税交渉の全結果公表(2面・総合)【2015年10月4週号】

農林水産物の撤廃率は81% 聖域確保の約束はどこに
 政府は20日、環太平洋連携協定(TPP)の関税交渉結果の全容を公表した。加工品や調製品なども含む農林水産物の関税撤廃率は81%に上り、米や牛・豚肉など重要品目も3割が撤廃される。甘利明TPP担当相は同日の会見で、日本以外の交渉参加11カ国の平均関税撤廃率が98.5%となったことなどを説明し、「守るべきは守った」と自賛した。しかし、果実や野菜などの関税がほぼすべて撤廃され、国会決議で「聖域」とされた重要品目すら風穴が空く事態に、生産現場では先行き不安や不信感がかつてないほど高まっている。

(2面・総合)

豊富な加入方式から選択 補償手厚く経営再建へ(5面・NOSAI)【2015年10月4週号】

 果樹は栽培期間が長く自然災害を受けやすい作物だ。2015年は8月の台風15号や、9月の関東・東北豪雨などの自然災害が発生しており、ナシなどで被害が確認されている。NOSAIが実施する果樹共済ではリンゴや温州ミカンなどを対象に自然災害による減収などを補償している。果樹共済の制度の概要について共子さんが済太郎くんに聞いた。

(5面・NOSAI)

乳牛や肉牛対象に畜舎消毒 農家の負担軽減に貢献 ―― 島根県・NOSAI出雲広域(5面・NOSAI)【2015年10月4週号】

151028_02.jpg

 島根県のNOSAI出雲広域(出雲広域農業共済組合、高野義徳組合長)は、酪農家や肉牛農家を対象に畜舎消毒を実施する。病気を媒介するハエなどの防除や、呼吸器系疾病の原因となるウイルスの殺菌を目的としている。2014年度は稼働の多い7~9月だけでも延べ906戸の農家が利用した。農家の負担軽減になると評価も高い。

(5面・NOSAI)

〈写真:消毒する伊藤主事。多いときは1日に30戸に実施するという〉

イノシシ用箱わなに車輪付き輸送箱 捕らえ追い込みとどめ刺す ―― 栃木県足利市・獣害機器メーカーが製造(10面・資材)【2015年10月4週号】

151028_03.jpg

 野生のイノシシを捕獲した箱わな内で、とどめを刺すのは暴れて難しく、危険が伴うことが多かった。栃木県足利市樺崎町の中田研磨工業は、イノシシ用捕獲の箱わなに取り付けて使う車輪付きの輸送箱を開発した。捕らえたイノシシを箱わなからこの輸送箱に追い込み、安全な場所に輸送した上でとどめを刺す。加工処理場の近くで作業ができれば、解体までの時間を短くでき、肉へのダメージが少ない高品質のイノシシ肉流通にもつながると期待される。

(10面・資材)

〈写真:輸送箱の入り口を開く中田取締役〉

KFT農法/園芸用ハウスの冷暖房 遠赤外線活用で暖房費を8割削減(11面・営農技術)【2015年10月4週号】

151028_04.jpg

開発企業が試験結果を報告
 園芸用ハウスの暖房効果が、従来の温風機に比べ80%以上の省エネ効果と、約1.3倍の収量増が可能な「KFT農法」についてこのほど、開発した民間企業と導入農家が試験結果や導入実績について報告した。KFTは遠赤外線を活用した冷暖房システムで、ハウスの内張りに特殊なセラミックを塗布、またヒートポンプからの温水や冷水をハウス内のセラミックを塗布した装置に循環させることで冷暖房する。同じ物質同士が共鳴し合う性質を利用し、効率良く遠赤外線を放射・吸収する仕組みを応用しており、既存ハウスへの導入が可能だ。

(11面・営農技術)

〈写真:「夏場の冷房で夜温を下げたことが糖度確保につながった」と榎本さん〉

第14回全日本ホルスタイン共進会 10年ぶりに待望の開催 ―― 北海道安平町(1面)【2015年10月4週号】

151028_05.jpg

 都道府県代表の乳牛が一堂に会し、体型や資質の改良度を競う第14回全日本ホルスタイン共進会(主催・日本ホルスタイン登録協会)が23~26日、北海道安平町で開かれた。国内での口蹄疫発生や東日本大震災で13回大会が中止となり、10年ぶりの開催だ。

(1面)

〈写真:高校生リードマンコンテストの様子〉

» ヘッドラインバックナンバー 月別一覧へ戻る