ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

今週のヘッドライン: 2016年01月 1週号

瑞穂の里にいのちはめぐる(2-5面・新年号特集)【2016年1月1週号】

 「瑞穂(みずほ)の国」と謳(うた)われたわが国は、太古の時代から葦原(あしはら)を水田に拓(ひら)き、暮らしや文化、技術をはぐくみ伝承し、農耕の中で多様な生き物たちと共生してきた。しかし日本農業は今、農地集積による効率化や企業的経営での所得向上が強く求められている。たとえ時代が遷(うつ)り変わろうと守るべき根幹があるはずだ。「循環」が置き去りにされた農地には、人や作物、家畜の生命(いのち)は再生しない。「瑞穂の里にいのちはめぐる」――田んぼからの恵みを生かし新展開に挑む水田営農の現場から、今後のあるべき農業の姿を読者の皆さんと考えてみたい。

◆     ◆     ◆


悠久のむら守る 原風景に消費者も共感 ―― 岩手県一関市・本寺地区地域づくり推進協議会
〈写真:奉納する米俵などを担ぎ、約90人が列をなして中尊寺まで歩く〉
160101_01-1.jpg 中世期から変わらない農村景観を今に伝え、国の重要文化的景観に選ばれている岩手県一関市本寺地区では、住民組織「本寺地区地域づくり推進協議会」が景観や文化を次世代に継承し、永続性のある地域振興を目指して活動している。圃場整備は、作業効率と景観保全を両立させ、小区画の水田や曲がりくねった畦畔(けいはん)を残し、農道は軽トラがぎりぎり通れる幅員2.5メートルを確保した。1口3万円の会費で天日乾燥米40キロを提供する「骨寺村荘園米オーナー」を募り、田植えや稲刈りなどのイベントで人を呼び込む。地域が誇る農村の原風景を心のよりどころに、営農維持に努めている。

◆     ◆     ◆


自家産米を切り餅加工 仲間と一歩ずつ ―― 長野県松本市内・色男の力もち
〈写真:「色男が作った餅です」とメンバー。右から山田さん、田中さん、髙山さん、塩原さん〉
160101_01-2.jpg 長野県松本市内で水田営農を展開する"色男たち"の切り餅が人気だ。グループ名にもなっている「色男の力もち」は、30代の稲作農家4人が結束し、生産する水稲もち品種「わたぼうし」を加工・販売する。米価下落や環太平洋連携協定(TPP)など農業を取り巻く環境が変化する中、付加価値を付け、農閑期の収入確保につなげるのが狙いだ。水田作業が落ち着く11~12月に玄米6トン分を加工。白餅だけでなく、黒豆やキビ入りなど顧客の要望を取り入れながらラインナップを増やしてきた。活動は、同年代のメンバーが互いに切磋琢磨(せっさたくま)し、悩みを共有したり情報交換する交流の場にもなっている。

◆     ◆     ◆

永続へより強く 7集落営農組織で米共販 ―― 滋賀県甲良町・甲良集落営農連合協同組合
〈写真:フレコンバッグに入った炭をマニュアスプレッダーに投入する。左から新前さん、野瀬さん、上田さん〉
160101_01-3.jpg 滋賀県甲良町では、七つの集落営農組織が手を組んだ「甲良集落営農連合協同組合」を設立し、米の共同販売に乗り出している。2015年産は特別栽培「コシヒカリ」150トンを、愛知県のスーパーに販売した。協同組合化は、まとまった出荷量を確保できる上、任意組織と比べて取引の信用度が増すなど利点が多い。栽培方法を統一し、移植時期を遅らせて高温障害を回避。炭と家畜ふん堆肥の施用で食味向上を狙う。マニュアスプレッダーや汎用(はんよう)コンバインを共同利用するほか、農繁期には互いに人手を出し合う。地域内での連携を一層強め、経営向上を図っている。

◆     ◆     ◆


繁殖牛を放牧、獣害も減少 水田再生の息吹 ―― 山口市・山口型放牧あとう協議会
〈写真:「牛は、四輪駆動の雑草処理機みたいですね」と宗綱主任〉
160101_01-4.jpg 山口市阿東地区の「山口型放牧あとう協議会」は、中山間地の棚田など使われていない水田を活用し、妊娠した繁殖母牛の放牧を行う。数年にわたり放置されて草木が生い茂り、人が容易に立ち入れないような圃場に、牛を数カ月放牧すると見違えるほどきれいになる。草刈りの手間や餌代の削減につながり、繁殖農家と稲作農家の双方にメリットがある取り組みだ。県が間に立ち、牛の貸し出し期間を調整したり、安全対策を指導するなど安心して利用できる仕組みを構築する。条件不利な水田の管理だけでなく、獣害対策や癒やし効果などもあるとされ、中山間地の活性化につながっている。


(2-5面・新年号特集)


15年度補正予算案決定/農林水産関係は4008億円 TPP対策に3122億円(6面・総合)【2016年1月1週号】

 政府は12月18日、総額3兆5030億円となる2015年度補正予算案を閣議決定した。農林水産関係は4008億円で、うち環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意を踏まえた関連対策に3122億円を計上した。政府の「総合的なTPP関連政策大綱」に盛り込まれた担い手育成や国際競争力の強化など体質強化対策を措置する。森山農相は会見で「(厳しい国家財政とTPPへの対応などを踏まえると)現状では、最善の予算額が獲得できた。一日も早く予算の成立を図り、執行していけるようにする」と決意を述べた。

(6面・総合)

NOSAIは地域農業を応援します 広がる青年と女性の輪 ―― 香川県・NOSAI香川三豊青年部(8面・NOSAI特集)【2016年1月1週号】

160101_02.jpg

軽トラ市で自慢の農産物を直売
 全国のNOSAIの中には青年部や女性部などを立ち上げ、地域活動を支援しているところも多い。NOSAI部長や損害評価員など基礎組織の高齢化や後継者不足が懸念される中で、若手や女性らとの連携を強化し、NOSAIへの理解を深めてもらうのが目的だ。NOSAI香川(香川県農業共済組合、上砂正義組合長)の「NOSAI香川三豊青年部(横山順一部長)」はこのほど、三豊市の宗吉かわらの里公園で開かれた「三豊発!!さぬき軽トラ市」に出店、部員が栽培した野菜や果物を販売した。部員にNOSAIに対するイメージや地域の営農状況などをインタビューした。

(8面・NOSAI特集)

〈写真:消費者とコミュニケーションを取りながら販売した〉

福島県南相馬市に「晴れ間」筆者が集合(10面・特集)【2016年1月1週号】

160101_03.jpg

 本紙暮らし面(3面)の連載「晴れ間」を1年間担当した筆者たちが、福島県南相馬市鹿島区に集まり交流した。筆者の一人、佐藤ひろ子さん(66)が経営する農家民宿「塔前(とうめ)の家」に集合。県外から参加した3人は、震災後に福島県を訪れるのは初めて。交流会では農家の日常を語らい、ケーキ作りも体験した。佐藤さんの案内で民宿周辺の被災地を視察した。

(10面・特集)

〈写真:夕食後の語らいは午前1時まで続いた(左から佐藤さん、伊藤さん、榎本さん、森安さん)〉

稲わらで農家の知恵と工夫を 文化伝承 匠の技を今に ―― 山形県鶴岡市・斎藤栄市さん(13面・特集)【2016年1月1週号】

160101_04.jpg

工芸品作り30年以上
 稲作の副産物とされる稲わらから生まれる文化や生活用品は、農家の知恵と工夫の結晶だ。農村の暮らしとともに発展し、現在でも正月の「しめ飾り」や神社の「しめ縄」、全国各地の祭事などで欠かせないものとなっている。しかし、生活用具としての需要低下や地力維持のためのすき込み、家畜飼料確保から作り手が減り続けている。水田が育み、地域の中で受け継がれてきたわら細工を次世代に残そうと活動する山形県鶴岡市長沼の斎藤栄市さん(80)を紹介する。また福島県奥会津三島町の「サイノカミ」を通して、農村に伝わる稲わら文化について千葉大学名誉教授の宮崎清さんが解説する。

(13面・特集)

〈写真:「稲わらは長ければ長いほど使い勝手がいい。しなやかさと弾力があるササニシキは、わら細工に一番適した品種だ」と栄市さん。稲わらの束を、力を込めてより合わせる〉

豆一粒の魅力(14-15面・営農技術)【2016年1月1週号】

 国際連合は2016年を「国際マメ年」に制定し、その栄養や健康機能、栽培による地力維持、生態系保全などに国際的な注目が集まっている。日本では古くから、大豆をはじめとする豆料理が食され、節分の豆まきのように祭礼や神事に深い由縁を今に残す。国産の生産量が減少する中で、在来品種を守り伝えたり、注目される新品種で消費者ニーズを喚起したりする農家もいる。豆の魅力をさまざまな視点から取材した。

◆     ◆     ◆


在来種などをミックス販売 手軽に食卓へ ―― 北海道上士幌町・村上農場
〈写真:「白花豆」、紫花豆、虎豆、ウズラマメ「福粒中長」、福白金時、大正金時、パンダ豆、大豆「音更大袖」、貝豆、紅絞り、「緑貝豆」の11種が入った新豆ミックスビーンズ〉
160101_05-1.jpg 北海道上士幌町の村上農場(村上知之代表、50歳)では、12ヘクタールで約20種の豆類を栽培し、個人や小売店などに販売する。「大正金時」や「福白金時」など一般的な品種のほか、「貝豆」や「パンダ豆」など在来種を含む11種類をミックスした「新豆ミックスビーンズ」が特に人気だ。チョコレートや宝石のような見た目から贈り物としての利用も多い。豆を身近に感じてもらい、手軽に食べてほしいと、パッケージには播種日と収穫日を記載し、豆の戻し方やレシピを同封している。

◆     ◆     ◆


地元で生産・加工 豆で人を呼び込め ―― 福岡県筑前町・筑前町クロダマル生産組合
〈写真:収穫直前のクロダマルを確認する興膳代表(右)と吉原係長〉
160101_05-2.jpg 福岡県筑前町の「筑前町クロダマル生産組合」(29人)が生産する黒大豆「クロダマル」は、表面に光沢があり、煮豆加工での製品歩留(ど)まり率が高い煮豆用大粒黒大豆だ。ポリフェノールの一種アントシアニンを多く含み、機能性も期待される。「坂上2号」と「新丹波黒」を交配し、市場性の高い新たな高品質品種として農研機構が育成した。組合では収穫後に天日干しや手選別を行い、ブランド価値を高める。引き合いは強く販売も好調だ。町内でドレッシングなどに加工し、地域の直売所で販売。クロダマルと加工品を目当てにした客を呼び込んでいる。
(14-15面・営農技術)

16年度の畜産物政策価格決定 加工原料乳引き下げも子牛対策で経営を支援(6面・総合)【2016年1月1週号】

 政府・与党は12月18日、2016年度畜産物政策価格と関連対策を決めた。子牛価格の上昇などから加工原料乳生産者補給金単価を引き下げる一方、肉用子牛の保証基準価格などその他の政策価格は全て引き上げた。関連対策では、特に酪農生産基盤対策を強化し、新たに全酪農家を対象に子牛の損耗防止・発育向上対策(8.2億円)を措置。都府県での優良乳用牛の導入支援(有益な遺伝情報を持つ場合は1頭当たり5万円)や、酪農ヘルパー対策の拡充なども盛り込んだ。

(6面・総合)

15年産水稲の共済金/全国で52億円 関東・東北豪雨など影響(6面・総合)【2016年1月1週号】

 2015年産水稲の共済金は全国で52億円、麦は28億円となった。農業共済新聞が12月15日までに聞き取った。NOSAI団体は年末までに支払い(一部仮渡し)をほぼ終えた。
 都道府県別の水稲共済金の支払額は新潟県が10億8千万円で最も多く、9月の関東・東北豪雨の影響を受けた茨城県が10億7千万円、栃木県が2億7千万円と続いた。全国平均の作況指数は100の「平年並み」だったが、新潟県では8月下旬の台風15号の影響により強風が吹き、白穂、脱粒、変色籾が広い地域で発生した。また、8月中旬から9月中旬までの低温、日照不足により未熟粒が多く発生したことによる減収と品質低下が影響した。茨城県では関東・東北豪雨により、常総市などを管内とするNOSAI茨西(茨城県西農業共済組合)のほぼ全域で稲の冠水や圃場への土砂流入などが発生し、10億円を超える支払いとなった。

(6面・総合)

充実 冬の農業【岩手版・2016年1月1週号】

160101_06.jpg

 寒さの厳しい岩手の冬 ―― 。県内の農業者はどのように過ごしているのか。寒さを生かした農作物の栽培や農閑期の時間を活用した加工品の製造など、「冬」ならではの活動に注目。寒さに負けず元気に活動し、安定経営に力を注ぐ農業者を紹介する。

〈写真:タラの木を並べる坂本誠さん(一戸町)〉


奮闘する若手農家 揺るがぬ経営へ【首都圏版・2016年1月1週号】

160101_07.jpg

 農林水産省が発表した2015年農林業センサス結果(概算値)によると、販売農家の平均年齢は66・3歳。農業就業人口の63・5%が65歳を超えているのが現状。農業情勢も大きな変革を迎えようとしている中、奮闘する若手農家はどう思っているのか――。仕事内容や今後の目標について、意欲的な意見を聞いた。

〈写真:手入れに励む中村竜太さん(東京都)〉


いつだって仲むつまじく 二人で育む農【北陸版・2016年1月1週号】

160101_08.jpg

 夫婦二人三脚で歩む農業の道 ―― 。互いに助け合う姿やそれぞれの取り組み、思いなどを紹介します。

〈写真:ナメコを栽培する石川県の高山昇さん、栄子さん夫妻〉


キラリ輝く農業女子【近畿版・2016年1月1週号】

160101_09.jpg

 2015年の農林業センサスによると、農業就業人口(販売農家)の約半数を占める「農業女子」は、生産現場に欠かせない力となっている。女性ならではのキラリと光るアイデアで農業に取り組む「農業女子」を近畿各地から紹介する。

〈写真:「摘み取り園を目指します」と川上佳世さん(大阪府)〉


「農業って面白い」女性農業者放談会【島根版・2016年1月1週号】

160101_10.jpg

 「農業って面白い」―― 笑顔でこう話す女性農業者たちに集まってもらった。経営内容、世代は違うが、家族とともに、また、家族の支えとなって農業を楽しんでいる。苦しいこともあるけれど、やりがいを見つけながら一歩一歩チャレンジしていく姿は頼もしい限り。

〈写真:女性たちの放談は大いに盛り上がった〉


水田農業を次代へつなぐ あくなき挑戦【大分版・2016年1月1週号】

160101_11.jpg

 農家の高齢化や米価低迷など、米作りを中心とする水田農業は今、正念場を迎えている。どうすれば水田農業を守り、発展させていけるのか――。厳しい耕作条件や時代の変化を乗り越えようと創意工夫と情熱で米作りに励む県内農家の姿と、別府大学国際経営学部・中川隆准教授の提言から、大分県の水田農業の可能性と課題を探る。

〈写真:「米・野菜複合で安定を」と話す佐伯市の小野貴展さん〉


防風林「古人(いにしえびと)の知恵こもった暦、流されず毎日を堅実に【2016年1月1週号】」

 ▼新春を迎えた多くの家庭の壁には新しい暦が掛かっているはず。わが家では数年来、頂きものの古風な「日めくり暦(こよみ)」を使用する。発端は"毎日を有意義に"との考えからだった。
 ▼社名が印刷された暦を敬遠し好みの暦を購入する人も多いよう。昨年は元テニス選手・松岡修造氏の日めくり暦が話題になり、熱血ポーズ写真に添えた「僕は春夏秋冬いつも紅葉している」などの一言に、元気が出ると若者に売れたという。
 ▼大安・仏滅などの「六曜」や、気候の節目に引用される立春・雨水・啓蟄(けいちつ)など「二十四節気」は、大方の暦に表記されている。だが24の節気を3分割した「七十二候」を載せる暦は多くはない。
 ▼立春は「東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)」「鶯啼く(うぐいすなく)」「魚氷を上ずる(うおこおりをいずる)」とその時季の自然の現れを示し、播種の最適日「一粒万倍日」と共に、農事暦などに活用。さらには「二十八宿」「十二直」など、古人(いにしえびと)は方角や天体の動きから一日の吉凶を占ってきた。
 ▼暦の示す運勢に従っていれば、もっと実り多き人生が開けていたのでは?と悔やまぬでもない。だが、近年の自然の移ろい加減は農事の指針たりえない。先人の知恵も参考に、暦で右往左往せず毎日を堅実に過ごそう。日めくりの習慣は続けるが。

» ヘッドラインバックナンバー 月別一覧へ戻る