ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

今週のヘッドライン: 2018年04月 1週号

農業保険法が始動 農業共済と収入保険で安全網拡充(1面)【2018年4月1週号】

 改正農業災害補償法が1日、施行された。農業共済制度の大幅見直しに加え、新たに価格低下などを含めた農業収入の減少を総合的に補てんする収入保険制度の創設を規定し、法律名も「農業保険法」となった。両制度を担うNOSAI団体(農業共済団体)では、農家へのより丁寧な制度説明を徹底し、個々の経営形態に即した適切な制度加入を後押ししていく方針だ。組織を挙げて"備えあれば憂いなし"の農業生産体制を幅広く構築し、農業経営の安定と発展を支援する。

(1面)

今号より文字拡大 新企画も より読みやすく、親しみやすく(1面)【2018年4月1週号】

 農業共済新聞を日頃より、ご愛読いただいている皆さまに厚くお礼を申し上げます。
 1948(昭和)23年に創刊した農業共済新聞は今年4月で70周年を迎えます。戦後の「選択的拡大」を柱とした基本法農政時代を経て、「攻めの農業」への実現に向けた農業競争力強化への転換という激動の中にあっても常に、農家目線に立った報道を行ってきました。今後も地域活性化や農家の経営安定、先進的営農の実現に向け迅速で確かな記事をお送りします。
 さて、本紙では「より読みやすく、より親しみやすい」紙面作りをモットーに掲げてきました。この4月1週号から、文字の「大型化」を全ページ(一部の地方版を除く)で採用するとともに、誰にでも理解しやすい記事づくりに努力します。文字の大きさは従来より10%ほど拡大、読みやすさが向上しました。これに伴う文字量減少の影響についてはレイアウトの工夫などで対応するなど、従来と同等以上の情報量をご提供していきます。
 今後の新企画は、第1週号では「お母さんの農業教室」に、「狩猟」を重点に置いたコーナーを設けます。2週号では「ビジネス」に「名刺管理や活用方法」を伝授する連載をスタートします。また、これまでの「NOSAI」のページは「農業保険」に名称を改め、新たに「農業保険用語」の解説コーナーを設けます。このほか、5月からは隔週で「新・わらの文化」を「情報」ページに連載しますので、ご期待ください。

(1面)

柑橘 風味豊かなフレーバーオイル作り 四季の香り届ける(3面・暮らし)【2018年4月1週号】

180404_1.jpg

 海を望む小高い丘の上で柑橘(かんきつ)が輝く――。神奈川県湯河原町で柑橘類を栽培する飛田(ひだ)泰典さん(36)は、香りを楽しむ食用油・フレーバーオイルを自ら生産。素材自体の風味を大事にし、湯河原の柑橘園の四季の香りを消費者に届けている。フレーバーオイルを通じて湯河原の柑橘を多くの消費者に知ってもらい、地元の果樹栽培を盛り上げようと力を入れている。

(3面・暮らし)

〈写真:相模湾を望む畑で柑橘を栽培する飛田さん。ここで自身が味わっているものを消費者にも味わってほしかったという〉

地域の農家 守る決意で ―― 長崎県・NOSAI県北(5面・NOSAI部長)【2018年4月1週号】

180404_2.jpg

 NOSAI県北(長崎県北部農業共済組合)の管内では、多様な地形での農業が営まれており、NOSAIと組合員農家をつなぐ共済部長(NOSAI部長)は、制度運営に欠かせない存在となっている。高齢化や担い手の減少が続く中山間地と、県内では希少な平たん地が混在した環境の中で地域の状況に応じた事業推進や農業の発展に力を入れる共済部長2人を取材した。

(5面・NOSAI部長)

〈写真上:「共済加入はお守りのようなもの」と宮原剛職員に話す長尾さん(左)〉
〈写真下:組合広報紙などの配布物を届けに来た末松一馬職員と話す伏原さん(右)〉

需要拡大するカットフルーツ 生鮮果実敬遠する若年層を中心に 食の簡便化志向が後押し(8面・流通)【2018年4月1週号】

 面倒な皮むきなど調理をせず気軽に食べられるカットフルーツの需要が拡大している。小売店ではパイナップルやリンゴなどを原料にした果実加工商品が並び、若年層を中心に人気を集める。その一方で、生鮮果実の需要は減少傾向にある。さらにカットフルーツにおける原料果物の70%以上を輸入割合が高いパイナップルが占め、国産比率は30%以下と低い傾向にある。カットフルーツをはじめとする加工用の需要を国産に仕向けなければ、果実市場の縮小を招くとの見方も強まってきた。カットフルーツを巡る現状を取材した。

(8面・流通)

踏み込み温床 発酵熱で育てる野菜苗 茎太く 葉厚く 根張り良く ―― 栃木県栃木市・大塚なえや(11面・営農技術)【2018年4月1週号】

180404_3.jpg

 ナスやピーマン、キュウリ、トマトなど夏野菜を中心に、さまざまな苗を生産する栃木県栃木市岩舟町の「大塚なえや」(大塚佳延代表=37歳)。落ち葉を堆積した際の発酵熱を利用する「踏み込み温床」で、高品質な苗を育て、毎年約10万本を販売する。踏み込み温床は手間はかかるが、電気代などの暖房コストがかからず、発酵後にできた腐葉土は翌年の苗作りに利用できるメリットがある。また、根張りと健全な生育を重視し、育苗用のポットは一般的なものより一回り大きい直径12センチのものを使う。長年購入している農家も多く「移植後すぐに活着してよく育ち、初期収量が上がる」と評価が高い。

(11面・営農技術)

〈写真:敷き詰めた落ち葉に文江さんが油かすと水をまき、大塚代表がフォークでかき混ぜる〉

第42回「新・日本の農村」写真コンテスト(6-7面・特集)【2018年4月1週号】

180404_4.jpg

 現代の農業、農村での暮らし、明るく楽しい事象などをテーマに、農業共済新聞が主催する、第42回「新・日本の農村」写真コンテストの審査会(審査委員長・尾辻弥寿雄=日本写真家協会会員、日本リアリズム写真家集団会員)がこのほど開かれ、各賞の受賞作品が決定した。応募総数333点(応募者数114人)の中から、最優秀賞(賞金10万円と盾)には村上吉秋さん(岩手県)の「いち・に・さんぽ」が受賞した。金賞(賞金5万円と盾)は笠原均さん(青森県)の「さあ、わげもん!みんなして力合わせべ!」に決まった。このほか、銀賞2点(賞金3万円と盾)、銅賞4点(賞金1万円と盾)、佳作20点(記念品)も決定した。最優秀賞から銅賞までの各賞の受賞作品を掲載する。

(6-7面・特集)

〈写真:最優秀賞「いち・に・さんぽ」 村上吉秋さん(岩手県奥州市)〉

好評 多度津のエキストラバージンオイル【香川県 4月1週号】

180404_5.jpg

 【香川支局】多度津町でオリーブの加工とオリーブオイルの販売を手掛け、6次産業化を軌道に乗せた「株式会社蒼(あお)のダイヤ(2015年11月設立)」。代表取締役を務める細川勝さん(66)は、「自社工場を持つことで、収穫から24時間以内の搾油ができ、高品質のオイルが安定的に出荷できます」と話す。多度津町産オリーブだけを使用したオイルは市場でも好評で、加工施設の増設も視野に入れている。

〈写真:「2017年の収穫量は20トンでしたが、5年以内に50トンを達成したいです」という細川さん(右)と古津さん〉

需要伸びるベビーリーフに着目【山形県 4月1週号】

180404_6.jpg

 【山形支局】近年需要が増加しているベビーリーフを、農薬を使わず栽培している庄内町落合の成田浩輝さん(55)。水稲8ヘクタールを営む専業農家で、育苗後のビニールハウス2棟(約50坪)などを活用している。

〈写真:成田さんが販売するベビーリーフ〉

軽トラ市が地域に活気【鳥取県 4月1週号】

180404_7.jpg

 【鳥取支局】琴浦町以西(いさい)地区で唯一の小学校が、2014年に閉校した。地域活動の中心的な存在だったが、閉校を機に、地域に活気を創造する「明日の以西を創る会」を有志が設立。小学校跡地の活用と、農畜産加工品の販売と出店などに取り組んでいる。

〈写真:にぎわう軽トラ市。大切な交流の場となっている〉

年間90種の野菜を周年出荷【福島県 4月1週号】

180404_8.jpg

 【福島支局】郡山市久留米の「空(くう)ちゃん農園」の二瓶春男さん(65)は、西洋野菜など年間90種類以上の野菜を栽培、周年出荷に取り組む。農園では、野菜の見た目や色、味や香りなど、「見て楽しい、食べておいしい野菜」をモットーに、家族で力を合わせる。

〈写真:直売所で春男さんが販売する野菜は午前中でほぼ売り切れる〉

大震災で移住 野菜栽培で再起【島根県 4月1週号】

180404_9.jpg

 【島根支局】東日本大震災に遭い、2011年7月に福島県から出雲市大津町に移住した青山正幸さん(45)。果菜類の研修を2年間受け14年に就農し、現在はハウス6棟と露地(計70アール)で同市特産野菜の「神在(かみあり)ねぎ」などを栽培する。

〈写真:「小ギクも少しずつ増やしていきたい」と青山さん〉

防風林「平和願う兜(かぶと)の尾はキリリと締めて【2018年4月1週号】」

 ▼新年度に入り心機一転、気を引き締めて...との心境にいる人も多いだろう。ことわざにも「勝って兜(かぶと)の緒を締めよ」があって油断大敵、細心の注意で事に当たれとの意味だ。
 ▼1905年、帝政ロシア・バルチック艦隊との日本海海戦に勝利した旧日本海軍。東郷平八郎連合艦隊司令長官が、このことわざを艦隊解散式の訓示の中で引用したことは有名。『坂の上の雲』(司馬遼太郎著)の終盤には、その場面がある。
 ▼同辞の前置きは「一勝に満足し治平に安ずる者より直ちにそれを奪う。古人(いにしえびと)曰く......」。古人は徳川家康らしい。再び司馬氏著の『関ケ原』からひもとく。1600年、石田三成率いる西軍との天下分け目の決戦、東軍は小早川秀秋らの翻意により薄氷を踏む勝利を収める。激戦が終わり雌雄が決した戦場で、家康は兜をかぶり緒をキリッと結ぶ。
 ▼息絶え絶えで腰を落とす兵を前に、軍団総帥が戦闘態勢に入ったからたまらない。甲冑を再び着け言葉を待つ。家康はやおら立ち上がり「勝って兜」の一声、天下を制し初の訓示。だが司馬氏は、家康に戒めの思慮はなく兜は雨をしのぐだけの単なる酔狂と手厳しい。
 ▼徳川幕府は250年の治平に安じ、黒船来航で幕を閉じる。日露戦争後の日本は、おごり高ぶり日中戦争から世界大戦の泥沼へ。東郷が訓示した兜の緒は、再び戦争を起こさない決意ではなかったのか。日本は敗戦以降、長い平和が続く、兜の緒が緩まないよう朝鮮半島や国際情勢を冷静に見極めたい。

» ヘッドラインバックナンバー 月別一覧へ戻る