ヘッドライン一覧 購読申込&お問い合わせ 農業共済新聞とは? 情報提供&ご意見・ご感想 コラム防風林

今週のヘッドライン: 2020年09月 1週号

収入保険の保険料補助を実施 セーフティーネット堅固に ―― NOSAI南薩管内7市(鹿児島県)(1面)【2020年9月1週号】

200902_1.jpg

 「収入保険の昨年分の保険料の2分の1が今年春、戻ってきた。生産者にとってありがたい。『令和2年7月豪雨』や新型コロナウイルスの影響を受ける中、収入保険は必要」と話すのは、鹿児島県南九州市川辺町の生田フラワーズファーム合同会社・生田茂雄代表(54)。南九州市を含むNOSAI南薩(南薩農業共済組合)管内の7市では、収入保険の保険料補助を実施し、2019年加入分は1200万円(約210件)を補助。経営のセーフティーネットを広めることに大きく貢献している。

(1面)

〈写真:「収入保険に加入していると、新しい品種や栽培方法を試すときも安心」と生田代表〉

台風接近数が20年で1.5倍に 激甚化への備え急務(2面・総合)【2020年9月1週号】

 気象庁気象研究所は8月25日、日本の太平洋側に接近する台風の数が2019年までの40年間で増加し、強度も増していると発表した。東京では、1980年以降の20年間に接近した台風の数に比べ、2000年以降の20年間の数が約1.5倍に増加した。移動速度も遅くなり、影響を受ける時間が長くなっている。9、10月は台風の発生が増え、気象災害へのリスクが高まる。被害を最小限にする防災・減災対策を進めるとともに、収入保険や園芸施設共済などの農業保険への加入による備えが欠かせない。

(2面・総合)

5~7月の豪雨災害が「激甚災害」に指定 7月豪雨の農業被害は1080億円超に(2面・総合)【2020年9月1週号】

 政府は8月28日、「令和2年7月豪雨」を含めた今年5月15日から7月31日までの豪雨災害を「激甚災害」に指定し、併せて適用措置などを指定する政令を公布・施行した。被災自治体による農地などの災害復旧事業に対し、国の補助率をかさ上げする。

(2面・総合)

収入保険:来年から初めて加入の場合、野菜価格安定対策事業と同時利用が1年間可能に(3面・収入保険)【2020年9月1週号】

 収入保険の加入要件の一つは類似制度を利用しないことだが、来年1月から収入保険に初めて加入する場合は、野菜価格安定対策事業と1年間に限り同時利用が可能となる。収入保険加入時に農業者が判断する。野菜価格安定対策事業の利用者からは、価格低下だけでなく、自然災害などのリスクにも備えたいという声がある一方、野菜価格安定対策事業から収入保険への移行時の解除手続きに時間を要する事情がある。緊急かつ特例的な措置として、収入保険に加入してみたいという農業者の声に配慮し、同時利用が実現した。

(3面・収入保険)

農作業前のストレッチ ―― 奈良県御所市・神橋筋整体院の神橋勝悛院長に聞く(5面・すまいる)【2020年9月1週号】

 中腰姿勢での作業や重量物の持ち運びなど、農作業が原因の腰痛などでお悩みの方は多いだろう。けがや腰痛の予防に向けて、農作業の前に実践できるストレッチを、奈良県御所市の神橋筋整体院の神橋勝悛〈かんばしまさとし〉院長に教えてもらう。

(5面・すまいる)

» ヘッドラインバックナンバー 月別一覧へ戻る