明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞
2017年2月3週号(2017.02.23更新)
京都府南丹・中丹地域/1月の大雪被害
補償拡充した園芸施設共済が復旧・再起の支えに
PHOTO

 今冬は1月中旬以降、全国的に強い寒気が流れ込み、断続的に大雪が降っている。2月9日から12日にかけては、中国地方や近畿地方の日本海側などで大雪となった。園芸施設や畜舎の倒壊などの被害があり、NOSAI団体では、迅速で適正な共済金支払いに向けて全力を挙げている。京都府の南丹地域と中丹地域では、1月14~16日に記録的な大雪となり、福知山市で80歳代の男性が雪の重みで倒壊したビニールハウスの下敷きになって亡くなるなど、多大な被害が出た。復旧に向けて尽力する施設園芸農家2人を取材した。
今週のヘッドライン

SSL GMOグローバルサインのサイトシール