明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞
2021年12月1週号(2021.12.2更新)
足場パイプで園芸ハウス 風にも雪にも強く
コストを抑えて自家施工も(1面)

 建設足場用の単管パイプを構造材に用いた園芸ハウスが注目を集めている。単管パイプは、ホームセンターなどで手に入りやすく、重機を使わず、自家施工できる。一般的な農業用ハウスと比較し、コストを抑えて高強度なハウスが建設可能だ。風や雪など耐候性に優れ、特に片屋根式では熱気が抜けやすく、暑熱対策としてもメリットがあるのも特徴だ。原油価格の高騰などによる農業資材の値上げ、気候変動に伴う自然災害のリスクの高まりに対応できるとして期待が大きい。

新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


〒102-8411 東京都千代田区一番町19番地
TEL 03-3263-6411