明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞
2022年9月4週号(2022.9.29更新)
新型農機で開墾 牛の移動をICTで把握
スマート放牧確立へ 島根県大田市で実証(1面)
PHOTO
〈写真上:茂みに隠れた放牧牛の位置についてタブレットで説明を受けるかわむら牧場の従業員(奥)〉
〈写真下:「5年間管理できていなかった農地が、1週間から10日ほどで処理できた」と川村拓朗さん〉

 新型農機や情報通信技術(ICT)などを活用して、荒廃農地の再生と国産資源を生かした繁殖牛管理につなげる「スマート放牧」の実証が、島根県大田市で進んでいる。2021年は、5年間管理できていなかった放牧地の雑木などを粉砕処理し、1週間で約10ヘクタールを草地化可能な状態に回復できた。現在はデータに基づく草種の選定や効率的な堆肥施用など草地を造成しながら、放牧牛の遠隔監視、自動体重計測などを組み合わせ、子牛や育成牛の増体を確保して高収益の生産体系を目指す。

新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


〒102-8411 東京都千代田区一番町19番地
TEL 03-3263-6411