明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞
2017年4月4週号(2017.04.27更新)
米ゲル 農産加工の新戦力に
PHOTO

 主食用米の消費量が低迷する中、パンや麺などの主原料である小麦粉の代替として米粉の普及・促進が図られている。しかし近年、米粉に次ぐ新たな米の加工技術として、農研機構(茨城県つくば市)が開発した「米ゲル」に注目が集まっている。米ゲルを使ったシフォンケーキやフィナンシェなどの菓子を次々と開発し、「お米のジュレーゼ」と名付けて販売する千葉県睦沢町の澤田農産を取材し、普及が進みつつある米ゲルの可能性を探った。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール