明日の経営と暮らしに役立つ農業共済新聞
2021年1月3週号(2021.1.21更新)
保育士資格の従業員が運営する託児所を設置 子育て世代の力生かす
―― 干しいも工房しんあい農園(茨城県ひたちなか市)(1面)
PHOTO
〈写真:託児所内の様子。この日は3人が利用する〉

 茨城県ひたちなか市足崎でサツマイモ「紅はるか」6ヘクタールを生産し、12トン全量を干し芋に加工する「干しいも工房しんあい農園」(澤畑明宏代表、36歳)では、パート従業員が利用できる託児所を設置。保育士資格を持つ従業員が運営にあたる。子育て世代が働きやすい職場環境を整えて従業員を確保し、加工品数の増加につなげている。
今週のヘッドライン

新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


新聞読者の声

 農業共済新聞をご愛読いただいている全国のみなさまから、たくさんのお便りが編集部に寄せられています。その一部をご紹介します。


2021タネプレゼント企画

2021タネプレゼント企画

〒102-8411 東京都千代田区一番町19番地
TEL 03-3263-6411